Webライターは副業で月10万円以上稼げる|勉強法や仕事の取り方を解説

言葉を操る売れる文章術

終身雇用の崩壊はすでに周知の事実となりました。これから先は会社に頼るだけでなく、自分でお金を稼ぐスキルを身につけることが必要になっていきます。

しかし、突然自分で事業を始めろと言われても、できることやアイデアが浮かばない方がほとんどです。そんなときにおすすめなのがWebライターを副業で行うことです。

Webライターなら準備期間が短く、副業でも月に10万円以上を稼ぐことも可能です。この記事では、webライターの勉強法や仕事の取り方について紹介します。

目次

Webライターを副業にするメリット4選

Webライターを副業にするメリット4選

Webライターを副業にするメリットは数多く存在します。収入を増やせる以外のメリットを知っておくことで、副業のやる気、学習時のモチベーションを上げやすくなります。

Webライターになるメリットは次の4点です。

  • 伝わる文章が書けるようになる
  • 始めるまでのハードルが低い
  • 働く時間や場所が自由
  • 広範囲の知識が身に付く

それぞれ詳しく説明します。

伝わる文章が書けるようになる

相手に誤解なく、簡潔に伝わる文章を書ける人は社会人の中にも多くはいません。Webライターは読者に正しく情報を伝える仕事なので、徐々に伝わる文章が書けるようになります。

正確に伝わる文章が書けるようになると、もちろん副業で稼げるようにもなりますし、本業での成果も上がります。報告書の作成やプレゼンが苦手な人でも、Webライターを続けるうちに天職だと思える感じる人も少なくありません。

好きなこと、得意なことを仕事にできるとしたら、とても幸せなことですよね。

始めるまでのハードルが低い

Webライターを始めるハードルは他の副業と比べて低いです。他の副業はプログラミングやWebデザインが有名ですが、これらは学習期間に最低でも数ヶ月は必要になります。

一方、Webライティングの学習期間は2週間程度で問題ありません。学習期間中にやる気が削がれて、結局副業に挑戦しないという事態におちいらずに済みますね。

働く時間や場所が自由

Webライターは働く時間も場所も決められていません。クライアントに連絡を取る時間は気をつかう必要がありますが、記事を書く時間帯は自分で決めることができます。

昼間に集中できないのであれば夜に書く、家で集中できなければカフェに行くなどが可能なのは魅力ですよね。

幅広い分野の知識が身に付く

執筆する記事には、最初から自分の知識のみで書けるものはほとんどありません。必ず情報のリサーチが必要になるでしょう。リサーチによって得た情報は、ライティング以外にも役立ちます。

たとえば、今まで興味がなくて触れてこなかった投資や税金関連の知識も、持っていればこの先の人生で役に立ちますよね。Webライターは勉強しながらお金をもらえる素晴らしい職業なのです。

webライターを副業にするデメリット2選

webライターを副業にするデメリット2選

数は少ないですが、上述のメリットと合わせてデメリットもおさえておきましょう。

  • 始めたての収入は驚くほど低い
  • 仕事中に孤独を感じる

それぞれについて説明します。

始めたての収入は驚くほど低い

Webライターの始めたての収入は驚くほど低いです。Webライターの収入は1文字あたりいくらという「文字単価」で決定する場合と、1記事あたりいくらという「記事単価」で決定する場合があります。

文字単価の場合、実績なしで受けられる案件は0.5円/文字程度です。初心者は1記事書くのに5~6時間はかかると見込むと、時給で300円を切ります。これではアルバイトをする方がマシと言われるのも納得できますね。

しかし、徐々に文字単価は上がり、記事を書くのにかかる時間も短くなると時給3000円以上も夢ではなくなります。時給3000円であれば、34時間働けば10万円を超えますね。1週間に8~9時間だけを副業にあてると考えれば、実現可能だと思えるでしょう。

最初は収入が低いことを覚悟し、継続した人のみが労力以上の収入を得られるようになりますよ。

仕事中に孤独を感じる

Webライターの仕事は孤独です。取材記事を除くと、クライアントと連絡を取るとき以外はすべて個人での作業になります。

一人で作業するのが辛い人にはあまり向いていない業種といえます。しかし、副業として行うのであれば、本業で人と接する機会を持っている方が多いので、たまには一人で働くのも良いと思えるのではないでしょうか。

また、HSPの方や黙々と作業したい方は、誰にも邪魔されない作業環境で何も気にせず仕事ができるので、天職となる可能性もあります。まずはやってみてから、自分に合っているかを判断してはいかがでしょうか。

※ HSPって何?
生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と呼び頭文字をとって「HSP(エイチ・エス・ピー」と呼ばれている。(引用元:マドレクリニック

副業でwebライターを始めるための手順

副業でwebライターを始めるための手順

副業でwebライターを始める手順は以下の通りです。

  1. 勉強を行う
  2. クラウドソーシングに登録する
  3. 仕事をとる

順を追って説明します。

①勉強を行う

まずはWebライティングの基礎知識を身につけます。本を2冊読むところから始めましょう。1冊目は「言葉にできるは武器になる」です。この本は文章の書き方を教えてくれます。学校生活や、社会人での報告書作成では身に付かない、書くことを仕事にしている人の文章術が身につけられます。

2冊目は「沈黙のWebライティング」です。この本はマンガ形式で読みやすく、Web上でライティングをする上での必須知識を身につけられます。

読書が終わったら、有名なブロガーさんやメディアの記事を読んでみるのもおすすめです。Web上での文章がどのような流れで書かれているか、自分がこれからどんな文章を書いていく必要があるのかを体感してください。

②クラウドソーシングに登録する

次にクラウドソーシングに登録します。ライティング案件が豊富なサイトは「クラウドワークス」と「ランサーズ」です。どちらも登録は無料なので、両方の登録を済ませてください。

登録が終わったら、プロフィールの入力や本人確認等の項目も完了しましょう。

③仕事をとる

ここまでのステップが完了したら、実際の仕事を取るための行動です。ライティング案件を探すと多くの案件が見つかりますが、現時点では専門性がないので執筆できる記事がわからないでしょう。

この場合、応募する案件は以下の基準で選んでください。

  • 案件の内容に興味が持てるか
  • 案件の内容に触れたことがあったか

医療系や士業などの専門性が強い記事でなければ、リサーチを重ねることで執筆は可能です。このため、リサーチが苦にならない分野を選ぶことが大切です。20個ほどの案件に応募すれば、おそらく1つは受注できるので、記事を書きながらライティングスキルを伸ばしていきましょう。

webライターとしての収入を増やす方法3選

webライターとしての収入を増やす方法3選

Webライターとしての収入は最初は低いですが、ここでご紹介する方法で増やすことができますよ。

  • SEOライティングの技術を磨く
  • 文字単価アップの交渉をする
  • セールスライティングを身につける

それぞれ見ていきましょう。

SEOライティングの技術を磨く

SEOとは、検索エンジンで上位表示する技術のことです。Google検索をした際に、一番上に表示されることを目指して記事を書く技術といえばわかりやすいかもしれません。このSEOライティングの技術を磨くことで、単価アップが狙えます。

記事は読まれないと運営者の利益を生むことはできません。このため、より多くの人に読まれるチャンスを作ることが必要と考えてください。SEOで上位表示できる記事が書けると、クライアントはあなたに記事を書き続けて欲しいと思ってくれますよ。

SEOライティングはYouTubeや書籍で勉強することが可能です。日々変化している分野なので、なるべく最新のものを勉強してくださいね。

文字単価アップの交渉をする

同じクライアント様に20記事程度納品が完了したら、文字単価のアップを交渉してみましょう。このとき、ただ単価アップをお願いするのではなく、クライアント様自身が行っている文字装飾や入稿作業もあなたが行うことを提示すれば交渉も成功しやすくなります。

言い方を変えると、相手が「めんどくさい」と思う作業や「できるなら人にやってもらいたい」作業を、あなたが代行してあげれば良いのです。最終的な決断はクライアント様がすることですが、提案を受けて嫌な気分になることはありません。前向きに提案をしてみましょう。

セールスライティングを身につける

記事によっては、商品を売ることが目的の場合があります。人間の心理的に買ってもらいやすい文章の構成が存在し、それを学ぶことで売れる文章が書けるライターになれます。この技術がセールスライティングです。

セールスライティングができると単価は大きく伸ばせます。なお、セールスライティングは書籍で学べるので、2~3冊読んでおくと良いでしょう。

おすすめの書籍は下記の3冊です。

Webライターを副業にして月10万円を稼ぐなら勉強から始めましょう

Webライターを副業にして月10万円を稼ぐなら勉強から始めよう

Webライターは始めるハードルが低いわりに、月10万円以上という大金を稼ぐことができる副業です。文章を書くのが嫌いでなければ、あなたにも向いているかもしれませんよまずは気軽に勉強してみるところから始めてみましょう。

文章を書くことに苦手意識を持つ人もいますが、それは書く機会が少なかった、書いた文章を認めてもらえなかったなどの要因から来ているものです。

仕事として継続していくうちに、実は文章を書くことが好きだった、面白いと感じられることはよくあること。

Webライターは明日からでも始められ、誰にでもできる仕事とも言える副業ジャンルです。食わず嫌いにならず、まずは一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

Webライターとして活動を続けていければ、気付けば月に10万円は稼げるようになっていきますよ。

りゅうの出版書籍の紹介
目次
閉じる