ひとり起業家のリストマーケティングで稼ぐ仕組み全体像|自動化までの流れ

ひとり起業家のリストマーケティングで稼ぐ仕組み全体像|自動化までの流れ
言葉を操る売れる文章術

起業したらメルマガを使って仕組みを作りましょうと言われました。でも何をしたらいいのかわかりません。詳しく教えてください・・・

本記事では、リストマーケティングの全体像について解説します。

リストマーケティングは集客からセールスを仕組み化することができる手法の1つです。そのために何を準備して、どのようなスキルが必要になるのか。

そして、ひとり起業家にとってリストマーケティングのゴールはどこに設定すべきかまで解説します。

 

そもそも「リストマーケティングとは何か?」をまず知りたいという場合はこちらからどうぞ

 

目次

ひとり起業家のリストマーケティング全体像

ひとり起業家のリストマーケティング全体像

リストマーケティングの流れは上記のようになります。

リストマーケティングについては詳しくは「リストマーケティングとは?」の記事で紹介していますが、シンプルにまとめると「メルマガ読者を集めて、メルマガ読者に向けて商品を販売し売上を作る方法」がリストを使ったマーケティング手法になります。

 

まずは
「リスト=メルマガ読者を集める」
これがポイントです。

 

メルマガ読者を集めることのメリットは、距離感と信頼度を高めることにあります。

ブログやSNSで、あなたが情報発信をしていると、興味を持ってくれた人が見に来てくれるようになります。

 

そんな読者さんに、より濃い情報、必要な情報、お得な情報を提供するためにメルマガに登録をしてもらう。

そのために、ランディングページ(オプトインページとも言う)を用意し、ステップメールを使って次の3つのことを実現していきます。

 

リストマーケティングにおけるステップメールの役割

リストマーケティングにおけるステップメールの役割

  • 仕組みであなたのファンに育てる
  • 売上を自動的に作り続けられるようにする
  • あなたの情報に価値があると信頼させる

 

ステップメールは、リストマーケティングで仕組み化する上で必要不可欠な存在です。

リスト=メルマガ読者を集めることが目的ではなく、そのリストに対してセールスをして売上を作り続けることが目的になります。

僕自身もステップメールを作り込むことで売上を自動化させて生活をしています。それくらいにステップメールは超重要になるということです。

 

・ステップメールとは何かを知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。

・ステップメールシナリオの作り方を知りたい方はこちらの記事もオススメです。

 

ひとり起業のリストマーケティングで仕組みを作る方法

ひとり起業のリストマーケティングで仕組みを作る方法

リストマーケティングで仕組みを作る方法として、僕がこれまで実践してきて最も売上が最大化できた方法を紹介します。

 

施策①|入り口を増やす

入り口とは、あなたの情報を発信する場所、あなたを知ってもらう露出を増やす場所を増やすことです。

ただ、最初は1つのメディアを使って情報発信をしていくことがオススメです。理由は最初から複数手がけると作業に追われ、全て中途半端になってしまうから。

1つの仕組みを作ったら、次の媒体に繋げるようにしましょう。そうすると、1つの作業に対してのレバレッジが効くようになります。

 

施策②|リスト獲得

リスト獲得にはランディングページを作っておくのですが、情報を発信する場所に合わせてランディングページを作っておけると、成果が最大化しやすくなります。

例えば、FacebookとWordPressのブログの場合、そこにいる人たちは、全く違う目的であなたの情報を受け取っているはずです。

その人たちに合わせたランディングページを作っておくと、リスト獲得から売上までが最大化しやすくなります。

ただ、後述する公式メルマガに統合することを考えると、あなたのメインのビジネス(発信する情報)とズレが少ないようにしておきましょう。

 

<参考例>
公式メルマガでダイエットの話をするのに対して、
入り口では副業について話をしているのはNG

この場合は公式メルマガに合わせて入り口を次のようにする

・美容に関する入り口を作る
・恋愛に関する入り口を作る
など
あわせて読みたい
【図解】ランディングページとは何か? Web苦手でもわかりやすく解説 ランディングページって良く耳にするけどホームページと何が違うの? ランディングページは作らないとダメなの? ランディングページの意味がわからない・・・ 速水 本...

 

施策③|ステップメール

ランディングページを通じてメルマガに登録してもらったら、ステップメールが配信されていきます。これは最初に設定をしておくことで自動化させる方法です。

ステップメールについて詳しくはこちら

 

この時、ランディングページに合わせてステップメールを作っておくようにしましょう。

そして、ステップメールの中で何を販売するのかバックエンド商品を決めておくことが大切です。

バックエンド商品がなければステップメールを作り込んでも売上を手に入れることはできませんからね。

 

施策④|セールスレター

バックエンド商品のセールスレターを用意しておき、ステップメール内で紹介をしていきましょう。

紹介という言い方をしていますが、セールスのことですね。

ひとり起業の場合、バックエンド商品の内容によってセールスまでの流れは変わってきますが、どのようにシナリオを組むかは「ステップメールシナリオの作り方」を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ステップメールシナリオの作り方|販売からフォロー4つのテンプレート ステップメールを使って売上を上げに繋げたいと思っているのにどうやって作ったらいいのかわからない。そうしたステップメールのシナリオの作り方を4つのパターンで解...

 

施策⑤|公式メルマガ

最後に、ステップメールが一通り配信し終わったら、公式メルマガにメルマガ読者を統合していきましょう。

ステップメールを作る場合(複数作る場合も同じ)、メルマガ配信システム内でシナリオを管理することができます。

参考例
・売れる文章の作り方のシナリオ
・Kindleで月20万円稼ぐ方法のシナリオ
・リストマーケティングで月30万円のシナリオ

こうしたステップメールのシナリオとは別に「公式メルマガ」のシナリオに統合する

ステップメールが完了したらシナリオを移動するという設定をすればOKです

 

※使用するメルマガ配信システムによって設定方法が違うので、使用するシステムに合わせて設定をしておきましょう。

 

リストマーケティングにおいて、ステップメールのシナリオを最終的に1つのリストに統合することはとても大切なことになります。

公式メルマガに入ったリストは、あなたからの情報を常に受け取ることができます。

 

つまり、新しい商品ができたタイミングや、セールスを仕掛けたい時に、いつでもメルマガ1本でセールスができるようになるということですね。

 

リストマーケティングにおいては、仕組みを作りつつも最終的にメルマガ読者を集めることが重要になります。そしてそのメルマガリストに対してどのようなセールスを仕掛けるのかが売上を作り続ける肝になるので抑えておきましょう。

 

リストマーケティングで必要になる3つのスキル

リストマーケティングで必要になる3つのスキル

最後に、リストマーケティングを使っていく上で必要になるスキルを紹介します。

  1. ライティングスキル
  2. コンテンツ作成スキル
  3. 改善するスキル=PDCAスキル

 

この3つのスキルは、ランディングページ、ステップメール、セールスレター、メルマガを作っていく際に重要になってくるものです。

 

仕組みを作る上で、最も大切なことは信頼を得ることです

 

発信する情報で信頼を積み上げていくことができれば、売上は自然とついてきます。

仕組みを作りながら、インプットとアウトプットを繰り返していけば自然と身についていくスキルなので、それだけに時間をかけて完璧に習得しようとしなくても大丈夫です。

リストマーケティングの全体像を抑えつつ、一つづつ仕組みを作っていきましょう。

あわせて読みたい
ひとり起業家のリストマーケティング実践編|作業手順と市場選びのコツ リストマーケティング勉強したけど実践できない。 リストマーケティングを実践しているけど成果が出ない。   本記事では、ひとり起業家の方のこんな悩みを解消して...

 

りゅうの出版書籍の紹介
目次
閉じる