わかりやすい文章の書き方を3つの要素で解説|伝わる文章は人を動かす文章です

わかりやすい文章はビジネスでもプライベートでも幅広く求めらる1つのスキルとなっています。

  • 売れる文章を書きたいと思っても収益に繋がらない。
  • ブログ記事を書いたり、メルマガを書いたり、文章を書いても書いても反応がない。
  • 知人に気持ちを伝えたいのに伝わらない。

これってとても辛いですよね。

そうした反応が取れない文章には、伝わる文章を作る時に必要となる3つの要素が原因として存在します。

それは、「誰に向けて書いているのか」「何を伝えるための文章なのか」「読みやすい文章になっているか」この3つです。

本記事では、ビジネスにおけるわかりやすい文章を書く時の基本的な3つの要素について解説します。(プライベートの文章にも使えるので必見です!)

3つの要素の1つ1つをしっかり抑えておくことで、あなたが書く文章を見て読み手が行動しやすい状況を作りやすくなります。

 

わかりやすい文章を作る3つの要素

本記事のテーマはわかりやすい文章 = Webで使えるセールスライティングですが、実は文章の成果を大きく左右する要素は準備段階にあります。

準備を怠ってしまえば売れる文章を作ることは出来ないと言えるくらい重要です。

数多く存在するテクニックをどれだけ上手く使いこなしたとしても、準備不足の状態で良い文章を書くことは不可能です。

 

スポーツをする前にもウォームアップやトレーニングを行うのと同じです。

ウォームアップを怠ったり、トレーニングをしていなければ結果を出すことは難しいですよね。

 

文章を書くも同じで、いざ文章を書こうと思いパソコンに向かっても、そもそも何も準備していない状態では、文章を書き始めることすら難しいでしょう。

そこで、細かテクニックの前に、文章を書く前の事前準備の大切さと、具体的な方法を紹介します。

 

  1. 誰に伝えるのか?(ターゲット)
  2. 何を伝えるのか?(コンテンツ)
  3. 文章の8割は構成で決まる(型)

上記3つの観点から解説します。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

 

わかりやすい文章の書き方①|誰に伝えるのか?ターゲットを明確にしよう

ターゲットとは、誰に向けての文章を書くのか「誰に」のこと

ブログやメルマガなどの媒体を使う場合、誰かが読んでくれることを前提として記事を書きますよね?

自分が読むための日記や知人だけで楽しむブログなどは別としても、インターネット上で情報発信をする時には、必ず読み手となる読者がいるものです。

 

そこで、まずは「誰に向けて書くのか?」
つまり、ターゲットを定めることが大切になります。

 

例えば本記事の場合は、

  • ひとり起業で情報発信をしているけど売上にならない
  • セールスライティング初心者、もっと上手くなりたい
  • 書いた文章で商品やサービスの申し込みを増やしたい
  • 短時間で売れる文章を書けるようになりたい

このような方を読者として想定しています。

 

ここまでは勉強をしてきた場合はわかるかと思いますが、僕の場合は「ライティング初心者」という言葉自体が曖昧な状態なので、初心者をより具体的にしていきます。

 

  • セールスライティングに慣れていない(勉強はしているけど経験不足)
  • セールスライティングで結果が出ていない(経験はあるけどスキル不足)

 

本記事を書くにあたり、僕はこの2種類のパターンをセールスライティング初心者として定義しています。

長いライティング歴があり、知識豊富であっても、結果が出ていない状態であれば、初心者という位置付けになります。

 

もし、セールスライティング初心者以外をターゲットにするならば、第1章は省略していた可能性があり、テクニック論からお伝えしていたかもしれません。

既にセールスライティングで結果を出している人は、事前準備の重要性を嫌というほど経験をしているはずです。

 

つまり、想定するターゲットによって文章のテーマや構成、言葉の選び方まで変わってくるということです。

 

ターゲットを決めることによる言葉選びの違いを一例紹介すると次のようになります。

 

参考例

「AdWordsに出すLPのCVRはヘッドコピーによる影響が大きく、 USPとベネフィットを「PPCの法則」に盛り込むことで、CPA、ROIが半分以下になったケースがあります。」

 

もし、この記事がこのような文章でスタートしていたら?

正直、専門用語が羅列されている時点で読む気が失せてしまうはずです。

そこまで知識のない人なら、自分には関係ないものとして分類されてしまいます。

 

しかしターゲットが変わり、ライティングや広告の知識、経験がある人が見たら、冒頭から期待値を高めることができ、読もうと前向きになってくれるでしょう。

 

このように、ターゲットによって言葉の選び方は大きく違ってくるということです。

  • 「初心者向け」と言いながら、初心者を置き去りにしている文章
  • 「上級者向け」なのに、初歩的な説明や概要ばかり話している文章

 

実はこのようなコンテンツは多いので、常にターゲットを明確にし、読者を意識しておくことが大切になります。

ここでは、「初心者」を参考例として紹介しましたが、他にも次のような要素でターゲット層を考えることができます。

  • 性別
  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 悩み
  • 感情
  • 欲求
  • 家族構成
  • 住まい
  • 学歴
  • 経験
    など

 

どんな人に向けて書くのか、まずはしっかりと決めておきましょう。

マーケティングの核となるターゲットの決め方|間違えたら売れるものも売れません

 

わかりやすい文章を書こう②|何を伝えるのか?コンセプトとなるテーマを決めよう

読み手となるターゲットを設定したら、次は「何を伝えるか?」を決めていきます

あなたの「何を」は文章のテーマとも言えます。

 

テーマが曖昧な状態で文章を書き始めると、悩みを深掘りしているようで、話があちこちに飛んでしまい、最終的に何を伝えたかったのか分からなくなってしまいます。

ブログやメルマガの場合でも同じことが言えます。

 

主題(テーマ)が不明瞭だと、伝えたいこと以外に話が広がってしまい、まとまりのない文章になってしまいます。

文章を書いている途中で何を書いたらいいのかわからなくなり、ボツになってしまうこともよくあることです。(僕もやってしまいがちなので注意しています)

 

違うケースでは、伝えたいことに補足や説明文を必要以上に加えてしまうことで、読みづらい、伝わらない文章になってしまいます。

こうした失敗は、テーマが定まっていないことが大きな原因となります。

そうならないために、文章を書き始める前に以下の2つのことを意識しておきましょう。

 

1コンテンツ1テーマ

1コンテンツ1メッセージとも言われますが、1つのコンテンツにつき、1つのテーマ(伝えたいこと)が鉄則になります。

1つのコンテンツをわかりやすく置き換えると次のようになります。

  • ブログ1記事
  • メルマガ1記事
  • ランディングページ1つ
  • セールスレター1つ
  • YouTubeの動画1つ
  • Kindleの本1冊
  • PDFレポート1つ

 

1つのコンテンツの幅を広げるか狭めるかは、あなたが伝えたい情報や設定次第になります。

例えば、僕が出版している電子書籍の1つでは「Web上で売れる文章を作るセールスライティング講座」という幅広いテーマを設定しています。

 

このテーマの中には、

  • 文章の基礎
  • 文章の型
  • セールスライティング
  • 人を動かす心理テクニック
  • キャッチコピーのような短文のライティング

などが含まれます。

これら上記のテーマを各章ごとに順を追って解説をしていきますが、「インターネットで売れる文章を作るセールスライティング講座」というテーマから外れることはありません。

 

もちろん、「セールスライティング=売れる文章」に特化させて1冊の書籍にすることもできました。

こうした違いは何をテーマにするのかによって変わるものですが、テーマ自体がコロコロと変わってしまうようでは、どんなに頑張っても文章は相手に伝わりません。

 

本記事がいきなり、「セールスライティングよりも動画を使った方が売れますけどね!」と言い出したら話のテーマが崩れてしまい、全てが破綻してしまいますよね。

 

昔あった「母を訪ねて三千里」という話も、子供のマルコが母親と再会を果たすまでを描いたストーリーになっています。

途中で「疲れたから村に永住します!」と言い出したら話が終わってしまいますよね。どんな物語にも1つのブレない軸が存在するのと同じで、1つのコンテンツにつき、1つの明確なテーマ(メッセージ)を設定するようにしましょう。

 

1コンテンツ1メッセージ、これはインターネット上で文章を書くとき、最も忘れてしまいがちです。大切なことなので何度おお伝えしますが、「1つの伝えたいテーマに絞る」これは必ず徹底しておいてください。

 

インプット8:アウトプット2|インプット量がものをいう

セールスライティングのテクニックやノウハウをどれだけ身につけても、書くネタがなければ文章を書こうにも手が進みません。

  • 1回本を読んだだけのショボイ知識
  • 経験したことがない他の人のマネごと
  • 動画で1回勉強しただけのノウハウ
  • 聞いただけの中身のない情報

 

こうしたものだけでは、テクニックでカバーするにも限界があります。

これは売れる文章を書く以前の問題と言えるでしょう。

 

そこで重要になるのが、インプット量です。

僕は、自身のブログやメルマガ、クライアントさんのブログやメルマガや書籍、そうしたものを8年以上毎日書き続けてきました。(2020年現在)

さらに毎月セミナーや勉強会をこなしながらやってきたことが、本書のように書籍を書いてもネタに困らない理由です。

 

それは単純に、アウトプットする情報量以上に、インプットする量が多いことが挙げられます。

もし、これから投資についての情報発信をするならば、関連書籍は最低でも50冊、動画も50本以上は見るでしょう。

その上で、情報発信できる、売れる文章として発信できるレベルになるまで実践を繰り返すと思います。

 

大変だし、めんどくさいからと手を抜いたりはしません。

書籍や動画で得た知識だけでは、自分の言葉で伝えることはほぼ不可能です。どこかで書かれているような人の言葉を使い回すことになってしまいますからね。

このくらいインプットをすれば、巷の投資家より多くの知識と経験を得ることができ、書く文章のネタに困ることはなくなるでしょう。

 

そして、この段階にきて初めて、「その情報や経験をどう伝えるか?」つまり、ライティングのスキルが必要になるのです。

  • ネタが見つからない
  • 発信する情報に自信が持てない
  • どう書いたらいいかわからない

 

これらの悩みは、ライティングのスキルではなく、単純にインプット量が足りていないことが多いものです。上記のような悩みを抱えた場合はインプット量を増やす行動をとっていきましょう。

読まれるブログ文章の書き方|いきなり記事を書くのは危険です

 

伝わる文章を書こう3|文章の8割は構成で決まる!型を使いこなそう

  • 誰に伝えるか?(ターゲット)
  • 何を伝えるか?(コンテンツ)

この2つが決まったら次は「どう伝えるか?」を考えていきましょう。

どう伝えるか、これは文章の構成を作るということです。

 

メルマガの場合

  • メルマガのタイトル
  • メルマガに書くテーマ
  • ポイント

 

ブログの場合

  • 記事タイトル
  • 見出しタイトル(h2)
  • 見出しタイトル(h3)

を先に作ることからスタートします。

 

ランディングページやセールスレターなら

  • キャッチコピー
  • 問題提起
  • 共感
  • 解決策
  • 理由、証明
  • オファー
  • 特典
  • クロージング

 

このように流れを決めて、各パートに沿って書くべき内容を決めていくようにします。

このように、 あらかじめ構成を決めておくことで、

  • スタート地点とゴール地点を見失わなくなる
  • 書いている途中で情報不足がなくなる
  • 書いている途中で書き足しがなくなる
  • 決めた構成通りに「書くだけ」の状態を作れる

こうした効果を得ることができます。

 

さらに情報収集をするときに、どんな情報を集めたらいいのか、他の人はどのように伝えているのかなどを知ることもできます。

構成さえ先にしっかり決めてしまえば、大きく横道に逸れることなく、伝えたいこともしっかり相手に伝えきることができます。

 

このように、「どれほど入念に構成を練ったか?」これが文章の出来を左右するので、伝えたい情報を過不足なく丁寧にじっくり作り込んでいきましょう。

 

正直、文章力や語彙力がなくとも、構成さえしっかりしていれば、作る文章の結果としてはまとまるものです。

本記事もそうした構成を先に考えるので全体の5割の時間を割きました。

 

そうした時間をしっかりかけて書く内容を決めることでパソコンに向かって文章を書く時間を削減しながら、相手に届けたいメッセージにブレなく書き上げることができるということです。

 

中には、「でもブログ記事は書き始めたら手が進むし、その方が私には合ってるんですよね」という人もいますが、文才がある人か売れない文章を書く人のどちらかです。

売れる文章を作るためにも、しっかりと前準備をしておきましょう。

 

わかりやすい文章の書き方|まとめ

わかりやすい文章を書く前に、欠かせない事前準備として

  1. 誰に伝えるのか?(ターゲティング)
  2. 何を伝えるのか?(コンテンツ)
  3. 文章の8割は構成で決まる(型)

上記の3点を解説しました。

 

「準備は面倒だから書いちゃった方が早い」

そうした気持ちもわかります。昔の僕もそうでしたので。

 

ブログを書いて「今日は3000文字書いた」「今日は2記事書いた」という目に見えた成果を手に入れることはできないので、「達成感」や「満足感」を得ること自体難しいですからね。

 

しかし、準備を疎かにした状態で書き始めてしまうと、ほぼ間違いなく売れる文章を書くことはできません。

途中で何を書いたらいいのかわからなくなり、途中で手を止めてしまい、最初から書き始めることになることもあります。

そうならないためにも、入念な事前準備を心がけましょう。準備さえできてしまえば、「あとは書くだけ」という状態になり、途中で悩むことなくスラスラと文章を書けるようになります。

セールスライティングで使える訴求力の高め方|最初の一行を読ませる

最新情報をチェックしよう!