月5万円を稼げる副業10選|失敗しない選び方とジャンル解説

言葉を操る売れる文章術

副業で稼ぐには様々な方法がありますが、どのように稼ぐのか、どのくらい稼ぐのか、そしてどのようにスキルを習得すれば良いのかなど、何をするかで働き方も変わります。

副業の良い点は、働き方次第では報酬が良いものも多く、時給換算で考えた時に、バイトやパートなどで稼ぐよりも圧倒的に労働対価が高いということです。

報酬の高い仕事ができれば、自由に使える時間が増やせることにも繋がります。家族と一緒に過ごす時間、子供と一緒に過ごす時間、趣味や好きなことに使える時間など様々です。まずは月5万円を稼げる副業について知り、あなたにあった副業を選ぶ参考にしてください。

目次

月5万円を稼げる副業10選

月5万円を稼げる副業10選

将来への不安から副業に興味を持っている人が増えています。副業を推進する会社も増えており、自由な働き方が認められる世の中になりつつあります。

副業にも多くの種類があり、大きな利益を期待できるものもあれば、少額でも必ず貯蓄に繋がるものなどさまざまです。本業以外の収入源を増やすと、本業を失ってしまったとしても副業で次の就職先を探すまで資金を補えます。

どのような種類の副業があるのかを詳しく解説していきます。

ブログアフィリエイト

ブログアフェリエイトとは、自分で作成したブログに商品を紹介し、そのブログのホームページを見た人が商品の購入をした場合、成果に応じた報酬が支払われる仕組みです。

ブログアフェリエイトはブログを開設してすぐに収益化することは難しいですが、3ヶ月を過ぎると少しずつアクセス数が増えてくる傾向にあります。人によって異なり、100記事以上書いても利益が出ない人もいるため、根気が必要な副業です。しかし、利益が出るようになると月100万円以上稼ぐ人もいる世界です。

SNSアフィリエイト

SNSアフェリエイトとは、SNSを活用したアフェリエイトです。SNSで集客することでブログなどへ流入を期待できます。SNSでは主にTwitterやInstagram、YouTubeが利用されます。

WEBライター

WEBライターとは、WEBサイト上で文章を執筆する副業です。WEBライターは幅広い分野で活躍が期待でき、金融が得意な人は投資、コスメが好きな人はメイクの記事など多岐に渡ります。始めたばかりの頃は1文字0.5円以下のことも多く、どれだけ書いても大きな利益を出せない人もいらっしゃいますが、ベテランの人は1文字10円以上の場合もあり収入の幅は大きいことが特徴的です。

WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、WEBサイト上のレイアウトを決める、配色を選択するなどWEBのデザインをおこなう副業です。クライアントから依頼を受け、希望に合わせたホームページを作成します。

プログラミング

プログラミングとは、コンピューターが動くためにプログラム言語を用いて指示することです。プログラミングは、アプリを作る、ゲームを作るなど種類によって学ぶことも異なるため、副業に取り組む場合はあらかじめ決めておくことをおすすめします。

YouTuber

学生が将来なりたい職業のランキング上位に浮上しているのがYouTuberです。YouTubeは広告によって収益を得ることができます。しかし、収益を得るためには条件があり、「登録者数1000人」と「総再生時間4000時間」をクリアすることで収益化が可能となります。YouTubeで人気を獲得するとチャンネルメンバーシップやスーパーチャットでも利益を期待することができます。

転売

転売は別名「せどり」と呼ばれ、転売と聞くと悪いイメージがありますが、転売行為は違法ではありません。商品を安く仕入れて、仕入れた値段より高く売ることで利益を得ます。チケットを転売するなどほかの人に迷惑がかかる行為は法規制を破ることになるためやめましょう。

 ハンドメイド商品の販売

アクセサリーやポーチなどを作ることが得意な人はハンドメイドが向いているでしょう。作製する品物が決まったら、出品先を選択しましょう。販売先によって手数料が異なり、「minnne」や「BASE」が有名です。

投資     

投資はFXや仮想通貨、不動産投資、株など多くの種類があります。投資は、少額から大きな利益を得ることが可能ですが、損をすることもあるため注意が必要です。

電子書籍出版

電子書籍出版は、KindleやAmazonなどから自分で電子書籍を作成し、印税を得ることができます。デジタル化が進んでいることから、スマホやPCで書籍を購入する人も増えており、読まれたPV数で稼ぐことも可能です。

月5万円を稼ぐのは簡単ではない

月5万円を稼ぐのは簡単ではない

副業で月5万円を稼ぐのは非常に困難であり、継続して月5万円を稼ぎ続けることはさらにハードルが高いとあきらめがちです。先月は副業で5万円利益が出たけれど、今月は3万円しか利益が出なかったという話もよくあります。

副業をあきらめなければお金はあとからついてくるため、続けていくことが大切になってきます。継続していくための秘訣をお伝えします。

0から1を作るのが大変

副業を始めた初月は思うように稼ぐことができない人も多く、0から1へと成果を作り出すことがとても大変です。0から1を作り出すことができれば、数を増やしていくことは可能です。まずは自分の成果である作品を作り出すことができることを目指しましょう。

継続しなければ安定しない

副業は、継続して成果を出さなければ収入も安定しません。目に見えて成果が出てこないと「この副業は自分に向いていないのではないか」「副業は稼ぐことが難しい」と副業から遠ざかってしまい、当初のやる気が失われてしまいます。一度、成果を出すことができたとしても、継続し続けないと安定せず、すぐに稼げなくなってしまいます。副業も本業と同じくらい厳しい世界でもあります。

目的と目標を明確にしておく

副業を始めたきっかけは何ですか?

副業で月5万円稼ぐためには、目的と目標を立てることが大切です。たとえば、「副業で●万円貯蓄したい」「マイホームを購入したい」など人それぞれ目的や目標があると、副業の種類が定まりやすくなります。

大きな目標が定まったら、具体的な数字に落とし込んでいくことが大事です。副業で月5万円稼ぐためには、1日約1,667円稼ぐ必要があります。時給に換算すると一般的な時給に見合わないことがあるため比較しない方がよいでしょう。慣れないうちは時間がかかりますが、継続していると要領がつかめるようになるため、必然的にスピードもあがります。副業を始めたばかりの頃は、時給換算すると落ち込みやすいため避けることがポイントです。

モチベーションの維持

副業で月5万円稼ぐためにはモチベーションの維持は欠かせません。作業を効率的におこなうためにも副業に取りかかる前はコーヒーを準備するなど自分のルーティンを作るとよいでしょう。副業を続けるためにも習慣化は大切です。習慣化することによって、無理なく継続し続けることができるでしょう。

月5万円稼げる副業を選ぶコツ

月5万円稼げる副業を選ぶコツ

副業で月5万円を稼ぐことは大変ですが、副業選びを間違えなければ月5万円稼ぐことも夢ではありません。せっかく副業を始めたのに副業の収入以上に出費が増えてしまってはもったいないです。

副業を選択するときのコツをご紹介していきます。

初期投資が少ない

副業を始めるときに初期投資が少ないのは非常に魅力的です。スマホ1つで作業ができるものもあります。初期投資の金額が大きすぎると、続かなかったらどうしようと考えてしまい、副業に挑戦する気力が失われてしまうため、最初は費用がかからないものから取り組むことをおすすめします。副業で稼げるようになってきたら高性能なPCなど作業するための道具をそろえることをおすすめします。

環境が整っている

副業を選ぶ際に環境が整っているものから始めてみましょう。たとえば、パソコンを所有しており、Wi-Fi環境があるのであれば、仕事の選択が大幅に広がります。その他、趣味で洋服づくりをしている人は裁縫道具を持っているため、ハンドメイドに取り組めます。環境が整っている状態で始められる副業をおこなってみることがポイントです。

得意な分野、経験のある分野を選ぶ

自分が得意な分野や経験のある分野を選ぶと大幅な収入アップを目指せます。経験のある分野だと慣れていることもあり、作業スピードが速い傾向にあります。副業の種類によって、経験者は単価がアップすることもあるため、副業で月5万円に近づきます。資格を所有しているとアピールポイントにもなるため、積極的に活用できます。

興味のあるものを選ぶ

副業の選択に迷った場合は、取り組んだことのない分野でも興味のあるものを調べてみましょう。どの副業を選択するか迷うこともあるかと思われますが、消去法で決定するよりは自分のライフスタイルに合わせて副業の分野を選択することも視野に入れてみてください。興味のある分野を探し、専門分野を見つけましょう。

まとめ

月5万円稼げる副業について紹介してきました。

副業を始めたばかりの頃は収益化することが難しいですが、根気よく続けることが大切です。副業にもさまざまな種類があるため、自分のライフスタイルに合ったものを探してみてください。

副業で月5万円を稼ごうと思っても、初月からいきなり稼げるようになることは難しいもの。

しかし、継続していくことで月5万円、10万円と収入を増やしていくことは可能です。いきなり稼ごうと思わず、2ヶ月先、3ヶ月先を見据えた活動をしていきましょう。

りゅうの出版書籍の紹介
目次
閉じる